大一模型定例ゲーム規約について。

平成27年5月29日

【セーフティエリアについて】
・ゲーム開始前に必ず弾速チェックを行ってください。
・セーフティエリアでは安全のため必ずマガジンをアンロード(取り外す)して、セーフティをおかけください。
・ゲーム終了後、セーフティーエリアへ入る時、メインウェポンのマガジンを必ず外してチャンバーの中の弾を排出してください。作動方式問わず全ての銃が対象になります。
・サイドアームは、ホルスター等に収め次のゲームまで触らない場合に限り排弾、マガジンのアンロードは必要ありません。
・セーフティーエリアでの発砲及び空撃ち行為は禁止です。


【シューティングレンジについて】
・ゲーム中の試射等は禁止です。


【携行弾数について】
携行弾数については以下の弾数になります。

『ノーマルマガジン』使用の場合
・無制限です

『ゼンマイ式多弾マガジン』使用の場合
・多弾マガジンの携行は1本だけです。予備マグは所持できません。

「ノーマルマガジン」と「ゼンマイ式マガジン」の混在使用、所持は禁止ですので弾数が切れたらサイドアームを使用しましょう。

『サイドアーム』について
サイドアームとは「ゲーム中、常に携帯しノーマルマガジンを使うすべての銃」を指します。
つまりスプリングマガジンならば制約はありません。
通常、ハンドガンやサブマシンガン又はショットガンだと思いますが、常に携帯すればM14もサイドアームです。

『機関銃』について
実在すると考えられる「分隊支援火器」は電動給弾式マガジンの使用ができます。但し途中給弾は不可です。

『その他』
・モスカート、地雷、クレイモアは、手で持って使わない(地面に設置する)という条件で無制限です。

『禁止行為について』
・機関銃以外の銃に、多弾マガジンで600発以上の装弾数を有するマガジンを使用する行為。
・予備の弾、ローダー又はガスをフィールド内に持ち込む行為。
・装飾品の一部として手榴弾のフィールドへの持ち込みは認めますが、投擲及び使用は禁止です。

【BB弾について】
定例会で使用できるBB弾です。重さに指定はありません。

・BB弾は必ずバイオ弾を使用してください。プラ弾及びセミバイオ弾の使用は禁止です。
・蛍光白色や派手な色(赤・オレンジ・蛍光緑・青等)のBB弾は使用はできません。


【ゴーグルについて】
・フィールドに入る時はゴーグル着用を必ず行ってください。メッシュタイプやシューティングゴーグルの使用も可能ですが「耳掛けのみの装着方法」は不可です。
ゴムバンド等で頭部にしっかりと装着でき容易にずれない事が条件です。


【ヒットについて】
 ヒットされた場合は、デッドマーカー(白いタオルやビニール袋)を掲げてセーフティまで退場していただきます。
 「白いタオル」か「白いビニール袋」をお持ちください。

・赤・黄色タイプのチームマーカーをお持ちください。
・フリーズコールは基本的に禁止です。但し「危険回避のやむを得ない措置としてのフリーズコールは認めます。」
・非金属性のいわえる「おもちゃ」の刃物類の持込可。演出としてのナイフアタック(ボディタッチ)可です。(被弾は自己責任・トラブル&ケガのない常識的な範疇でお願いします)


【参加年齢について】
・ゲームの参加資格は満18歳以上です
18歳未満は遊戯銃の対象年齢に関わらず参加不可ですが、貸切等の希望がありましたら、お問い合わせください。


【夜戦について】
・レーザーポインターについて
最大出力が1mW未満、クラス1のみ可能です。測定はできませんので夜間、明らかに光線が見えるものは原則禁止とします。必ず銃にマウントしてください。
ナイトビジョン使用は事前に御相談下さい。
[←戻る]