奈樂DENとは






田楽座奈良公演実行委員会
通称『奈樂DEN』(ならでん)

2001年に
大淀町あらかしホールで「山神里神祭神」に取り組んだときには、
「田楽座奈良公演実行委員会」という名称でした。
その後、5年の年月を経て「お帰りなさい田楽座実行委員会」として、田楽座公演「お祭り玉手箱」に取り組み、
仲間を増やしながら迎えた、2009年2月1日(日)の田楽座奈良公演「万歳楽」
その時に
公演が終わったらいったん解散というのではなくて、地域に根ざした太鼓ミュニティを創ろう、ということで
「田楽座奈良公演実行委員会−奈樂DEN−」として新しい一歩を歩み始めました。

奈樂DENと銘打っての活動が始まってからは、田楽座の公演に向けての取り組みだけでなく、
田楽座がこの地域に蒔いてくれた種を私たちの手で育てよう、と、
田楽座による講座や和太鼓練習会を通じて、和太鼓や踊りを共に楽しめる仲間の和を広げてきました。

2012年の「ふるさとこよなく吉日燦燦」の取り組みの中で知った、
枯渇しそうな芸能、無くしたくない民衆の祭りのために、微力ながらも自分たちにできること・・・
そんな願いもこめて、「大和の国芸能祭り」にも取り組んでいます。


昔と今を紡ぐ
人と人とを紡ぐ


そんな思いで、和太鼓や民俗芸能を通じてたくさんの笑顔に出会うため
「和太鼓練習会」や「田楽座公演」、「芸能祭り」、各種出演活動も行っています。

こんな私たちの思いに賛同し、一緒に活動してくださる方を随時募集しています。
和太鼓から広がる人と人とのあっったかい繋がり。

あなたもこの場に参加してみませんか??


これからも奈樂DENへのご理解、ご協力をお願いいたします。




↓田楽座ホームページ(パソコンで見ることをおススメします)
http://www.valley.ne.jp/~dengaku/




[←戻る]